アウディなどの輸入車中古車査定での走行距離

走行距離は、中古車査定では重要な項目で、買取価格への影響は、年式と共に重要です。

 

特に輸入車の中古車は、走行距離で需要が大きく違ってくることが多く、中古車店でも走行距離には敏感な業者が多く、

 

年式の割りに走行距離が多い車は、査定価格が極端に低くなることもあります。

 

中古車市場では、1年に1万キロが基準になることが多く、3年で3万キロ、5年で5万キロというのが基準になると言えます。

 

アウディの中古車も輸入車、外車であることから走行距離には敏感なモデルが多く、

 

走行距離が少ない中古車は、買取を希望する業者も多くなることからも

 

査定価格、買取価格も期待できると言えるでしょう!

 

逆に、走行距離が多いアウディは、中古車店でも買取に積極的な業者は少なくなり、

 

安値なら買取というケースも増えるので、あまり査定価格に期待できないと言えます。

 

アウディなどの輸入車は国産車の中古車よりも走行距離に敏感な車種、モデルが多く、

 

走行距離が多くなると買取価格が極端に安くなることもあります。

 

輸入車の中古車は、故障のリスクと国産車よりも修理に掛かる費用がたかくなることも多いので

 

中古車で輸入車、アウディを購入する方は、

 

故障のリスクが上がる走行距離の多い中古車を避ける傾向が国産車よりも強くなると思われます。

 

ですので、アウディ中古車売却の際の走行距離というのは査定価格に与える影響は大きいと言えます。

 

BMWやメルセデス、アウディなど同じメーカーの車種を乗り継ぐオーナーさんの中には、車検のタイミングと共に

 

走行距離でも売却のタイミングを考える方も居ます。

 

少しでも有利な査定で高く売れるタイミングで売却して新車に買い替えるとい訳です。

 

このようなオーナーさんは極端ですが、アウディの中古車査定では、年式と走行距離は買取価格に与える影響は大きいと言えます。


アウディの中古車査定で走行距離はどれほど影響するのか?

アウディの中古車売却での査定の際に走行距離は、買取価格に大きく影響することはお分かりと思いますが、

 

実際に、アウディを査定に出した際に、走行距離が与える査定価格への影響は幾らくらいでしょうか?

 

国産車で、年に1万キロが基準で、基準よりも1万キロ多くなると10万円のマイナス査定になると言われています。

 

もちろん、車種やモデル、エンジン形式で違ってくると言えますが、基準は、1万キロか走行でー10万円だと言われます。

 

では、アウディの中古車の場合、過走行が1万キロの場合、マイナス価格は幾らでしょうか?

 

当サイトの調べでは、査定価格にもよりますが、1万キロで20万円近くマイナスされるモデルも多くあります。

 

 

アウディの中古車査定での走行距離のマイナス査定の割合は、比較的高いと言えます。

 

例えば、3年落ちのアウディで3万キロ走行の中古車と

 

5万キロ走行の中古車では査定価格が30万円〜40万円近く差が出ることも珍しくありません。

 

アウディの中古車査定では年式、モデル、グレード、走行距離、ボディカラー、オプションなどが査定に影響しています。

 

特に今回は、中古車査定での走行距離の買取価格に対する割合やマイナス査定などを紹介しました。

 

中古車査定価格は、不透明な部分も多く、同じ車を査定に出したとしても業者によって査定価格も違いますし、

 

売却する時期によっても違ってくると言えます。

 

愛車の走行距離ってあまり制御できる項目ではありませんよね!

 

せっかく購入したマイカーは使ったなんぼですから乗れば乗るだけ購入した価値が出てきます。

 

走行距離が多くなったら次の買い替えに不利になると思いながら乗る方はいないと思います。

 

 

ですので、アウディの売却の際に、走行距離の査定価格に影響する金額などを紹介しましたが、

 

これがすべてではなく、走行距離が多くても高く買取してくれる業者もあるかもしれませんので、

 

まずは、アウディの査定は複数の査定でたくさんの業者の査定価格を比べることから始めるのが良いと思います。

 

アウディを損をしないで売る方法としても車買取一括査定などを利用して多くの業者の査定を取りましょう!

アウディ中古車査定での走行距離 まとめ

アウディに限らず、輸入車の中古車は、走行距離にシビヤな面もあります。

 

特に年式が新しく走行距離が多い中古車は、思っているよりも安い査定価格が出ることも珍しくありません。

 

走行距離というのは、中古車査定での価格への影響は大きく、1キロごとに査定価格は、10万円以上下がることも珍しくありません。

 

また、年式と走行距離は、数字で確実にわかる項目で、程度などのように不確定なものではないので、査定業者としても

 

価格が決めやすい項目で、プラス査定やマイナス査定として説明しやすい項目でもあります。

 

ただ、走行距離が多くても年式的には適正なケースもあります。

 

中古車市場では、1年で1万キロが基準になることが多く、年数×1万キロが基準になると言えます。

 

アウディ査定の走行距離 ポイント

アウディ査定では走行距離が査定売価格に与える影響は大きい
中古車査定では年数X1万キロと言うのが基準になることが多い
走行距離が多いとマイナス査定で安く査定する業者が多くなる
痩躯距離が多いからと言って安く売らない、少しでも高く買取してくれる業者を探す